土地の活用ランド

土地活用は目的をはっきりさせた方が良い

せっかく持っている土地をなにもせずにそのまま寝かしておくことは非常にもったいないことです。最近は、ネットを使って簡単に投資をすることができるようになり、自分の持っている資産を投資して利益を出している人々は非常に多くいます。不動産というものはお金と違って、投資をせずに持っているというだけでは、保有コストと相続コストなどがかかり非常にお金が減ってしまいます。また、休みの日などにきちんと草や木の手入れをしておかないでほったらかしにしておくと、近所の人達に大変迷惑をかけてしまいます。自分で管理ができないならば、業者に頼まなくてはならなくなり、さらに維持経費などの経済的な負担がのしかかります。そのため、土地活用をしないでいるとマイナスな部分がかなりあるので、利益が出せるように必ず有効に活用をするべきです。また、単に利益が出ればいいというわけではなく、自分の目的をきちんと設定しておくようにした方が良いです。どういう目的で活用をしたいのかを、よく頭の中で整理してクリアにしておくと、後で後悔しなくてすみます。ポピュラーな活用の目的としては、税金面での損をしたくない、生活を楽にするために安定的な利益を上げたい、賃貸経営というビジネスをしてみたいなどがあります。先代からずっと受け継いでいる土地ならば、有効活用することで、ご先祖様にも喜んでもらえるので、積極的に有効活用をするとプラスなことが多いです。

土地活用で既存の資産を有効活用

郊外に広大な土地を持っている場合にあるいは都心部に狭小ながら土地を持っているという方はそれらを様々な用途に用いることで有効活用ができます。たとえば狭小地の場合ならば店舗や住宅などを建設して賃貸や分譲物件として運用していく方法や広大な土地ならばそれららにマンションや駐車場などを建てて運用していくという使い道があります。とりわけ都心部の土地ならば需要が高くいつでも安定した収入が入ってきますから減価償却も短期間で済みます。土地活用進めていく上ではその土地にどのような建築物を建てるかが鍵になってきますのでその地域で必要とされている不動産がいかなるものなのかを把握しておくことが大事です。また土地活用をする場合には建設や改築などにかかった総費用をどれくらいの期間で回収できるのか計算をするのも欠かせませんから不動産についてあまり知識がない場合には不動産業者などとタッグを組んで有効な活用方法を模索していきましょう。今まであまり使い道が無いと感じていたような狭小地などでも不動産業者に相談すれば思いがけない活用のしかたを見つけられますので都市部や農村部問わず土地を所有しているなら土地活用してみるとよいでしょう。


check


医療用ウィッグは抗がん剤治療での助けになります


医療用ウィッグは抗がん剤治療の際にお使いください




2020/1/30 更新

『土地活用』 最新ツイート


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 土地の活用ランド ALL RIGHT RESERVED