土地の活用ランド

相続対策の土地活用を考える

土地をいくつもお持ちの方の場合、相続対策をとらなければ、いざ相続が発生すると、莫大な税金の請求がきてしますことになります。日本の場合、財産の多くは不動産です。そのため、資産家の多くは「不動産」を所有していますので、相続対策が必須になってきます。財産に対して、借金もその引継ぎの対象となりますので、債権と債務のバランスをとることが対策となります。つまり、わざと借金をしてアパートやマンションを建て、土地活用を行います。所有する土地建物の資産価値は税法上、実勢価格より下がり、その数字から借金の額を引いた額が税金の対象となります。よって、資産価値を借金で相殺するということが、対策として非常に有効なのです。この場合、家賃などの賃貸収入は引継ぎ財産ではありませんので、所有権移転後に、その収益は不労所得として得ることができます。ただ、単純に借金をするためだけに土地活用をお考えであれば、それは非常にもったいないので、収益性も十分に視野に入れるべきだと思います。

更地の土地活用が相続対策になる理由

更地で土地を持っているだけでは固定資産税がかかるばかりでいいことはありません。さらに自分の死後に相続する遺族にとっても、更地の状態は相続税評価額が一番高くなるため不利になると言われています。そういったケースでは、更地にアパートを建築して賃貸事業を始めることによって土地活用を行い相続対策をするとともに、キャッシュフローの増加を実現するのが良いとアドバイスする専門家が多いです。なぜアパートを建てて人に貸すことが土地の税法上の評価額を下げることになるかというと、評価をする場合には他人の権利分を控除することができるからです。借地権割合のうち借家権割合分は他人の土地の権利ということになっていてアパートが建っている土地の評価額を下げることができるのです。また、賃貸事業を行っていればその状態で承継することができるため、その後も継続して発生してくる家賃収入を承継した人が引き継いでいくということも可能になり、立派な対策になるというわけです。

『土地 相続』 最新ツイート

@shiba_tako2003

相続すれば家も手に入れる事が出来るし、年を取ったら賃貸だと厳しいかもしれないが、 自分を知らない土地に行きたいし、定住したくないですよー。

14分前 - 2020年12月03日


@takken100h

権利関係>代理 A所有の土地を代理権が与えられてないBがCと売買契約をし、Aの死亡によりBが相続した場合、Bは自らの無権代理行為の追認を拒絶できない。無権代理で行った行為を相続した場合は、本人が自らその行為をしたとみなされる為。 #宅建100h_権利関係

20分前 - 2020年12月03日


@TwSq9OY2ImF5Yxa

#利活用 #土地 #処分 #空き地 #空き家 #空家 #リフォーム #相続 #人生100年時代 #寄付 #エコ #地域貢献 #家族会議 #正直品質 #地震 #遺産 #遺品 #生前 #整理 #不用品 #デザイン #管理 #空室 #賃貸 #老人フォーム  なんでもご相談ください!

22分前 - 2020年12月03日


recommend



最終更新日:2020/3/5


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 土地の活用ランド ALL RIGHT RESERVED